フリーダムホンダのブログ

フリーダムな毎日

広島企業年間2021

個人的な記録にも、せっかくなので利用する。


最近は図書館で本を借りたりもしている。図書館も進化しており、検索から取り寄せまでネット上でできるし、返却もどこのセンターにしても良くなっている。


図書館のいいところは、興味関心とまったく関係ないものを金額関係なしになんとなく読める事だ。


先週くらいに広島企業年間2021を借りた。

この本はなかなか読み応えがあり、おもしろい。広島にある企業のほとんどが一応頭に入った。


読んで時間が経っているので、詳細は曖昧だが、広島に生きる上で、頭のどこかに企業情報が入っていると世界が広がる気がした。

それに加えて、良さそうな企業があれば、直メールや採用情報をチェックして、トライしてみようなんてのも、考えていた。


結果、募集かけてないとこは、誰も辞めそうにない大規模会社で、中堅以下の会社となると、募集があっても給料が激安だったり、休みが100日くらいだったりで、なかなか転活には繋がらなかった。


たしかに、職安や転職サービスからの紹介では、ほとんど地場企業はない。最近は大阪本社が多い気がする。


あと、企業年鑑をみると、どの業界がヤバいのか、わかる。単独でやばそうな会社は少しはあるものの、木材関連、出版関連、マスコミ関連はほぼほぼ赤字だったことからみると、世間のイメージどおり衰退している産業があり、コロナによって拍車がかかっているようだ。フタバ図書も経営難で倒産危機だし。フタバ図書が救済されるレベルの企業だったことは意外だった。それから、不動産系とかもよくなかったな。コロナ禍に新築に踏み切る人はなかなかいないのかもね。

生活の基盤になっているインフラ関連は、黒字が目立っていた。中電、広ガスはカッチカチや。入りたい。

ただプロパンの売りと利益は下がってて、値下げのせいらしい。都市ガスが攻めてんのかな。業界の人間じゃないから、わからんけど。


とにかく、勉強にはなった。

さらに、本を読んで、生活を向上させていこう。